WordPressに自動で目次を作るプラグインTable of Contents Plusの導入方法

記事に目次があると読者が一目で内容を把握しやすくなりユーザービリティが上がります。

しかし、手動で目次を作ってリンクを貼って…という作業は正直面倒です。

そこで、本記事では記事の目次を自動で作ってくれる「Table of Contents Plus」というプラグインを紹介します。

目次って何という方のために一応説明すると…

↓これのことです。これを自動で表示させましょう。

Table of Contents Plusの特徴

冒頭でも少し説明しましたが、Table of Contents Plusは、記事の目次を自動生成できるプラグインです。

投稿や固定ページの記事に記述したH1からH6までの見出し用のHTMLタグを基に目次を自動で作ってくれます。

本記事では「Table of Contents Plusの特徴」「Table of Contents Plusの設定」「「Table of Contents Plusのまとめ」を見出し2に設定しているため、これらのテキストが自動で目次に設定されています。

Table of Contents Plusを使いこなすには、見出し用のHTMLタグを階層的に使って記事を書く必要があるので、基本的なWebライティングができていないと不格好な目次が出来上がってしまいます。

筆者は逆に初心者が見出しの概念を理解するのに便利なチェックツールとしての役割も担えるので、初心者はぜひ挑戦してみてほしいと思っています。

仰々しく書きましたがそんな難しい事ではありません。寧ろ簡単です。

詳しくは初心者必見!最低限これだけは押さえておきたい5つのSEO対策に書かれているのでこちらも参考にしてください。

Table of Contents Plusの設定

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Table of Contents Plus」で検索し、まずはインストールしましょう。

錨マークのロゴのプラグインがTable of Contents Plusです。

インストールしたらWordPress管理画面 > 設定 > TOC+ で設定画面を開けます。

管理画面です。

ここは実際に触って確認すれば大体わかるかと思います。

私のお勧めは、位置は「最初の見出しの前(デフォルト)」、表示条件は「2つ以上の見出しがあるとき」が見やすくてお勧めで、他は正直好みの問題です。

基本設定の最後にあるにある「上級者向け」の設定項目は、初期状態では非表示になっています。

クリックすると設定項目が表示されるので表示させてみましょう。

色々でてくるかと思いますが、重要なのは下の画像の項目のみです。

見出しレベルとは、どこまで見出しを表示させるかという項目で、h3以上表示させると目次が長くなり見辛くなります。

(そもそも見出し4~5は使う機会が少ないので表示される機会は少ないかもしれませんが)

設定が終わったら「設定を更新」ボタンを押して保存しましょう。

目次が記事に表示されるはずです。

実際に表示される目次の内容を確認しながら「目次が表示される位置」や「表示条件」、「見出しテキスト」や「プレゼンテーション(デザイン)」などの設定を調整しましょう。

Table of Contents Plusのまとめ

Table of Contents PlusはWordpressでブログサイトを運営するなら導入しておいて損はないプラグインです。

特に初心者は見出しをちゃんと設定できているかの確認もできますので、是非使ってみてください。

Martin Dwyer
Application Developer
Rachel Wright
Art Director & Photographer
Andrew Butler
Photographer & Illustrator
Arrow
Arrow
Slider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です