未分類

パソコン(PC)を処分する前に必ず必要な作業はこれ

皆さんは

普段不要になったパソコンの処分・・・・・

 

どうしてますか?

パソコンは電子機器であり、精密機械なので、

処分するときに、いろいろと

気を付けておかないと、パソコンに入っているデータが

抜き取られるなど、問題点が多々出てくるので、

正しい処分方法を理解して、対応してくださいね!

パソコンが動かない=データも消えたわけではない

パソコンが動かなくなる原因はたくさんあり、

一例として、電源関係のトラブル、ハードディスクのトラブル、

マザーボードのトラブルなどいろいろあります

そのため、パソコンが動かなくなった=ハードディスクが壊れた

というわけではないので、もし、パソコンが動かなくなった場合でも、

ハードディスクは使えるケースがあるので、注意が必要です

精密機械であるハードディスクは実は頑丈

ハードディスクは精密な機械なので、何かのきっかけにハードディスクが

破損してしまっても、一部のデータなら、復元できてしまうこともあります

(事故で大破したハードディスクのデータを復元したという人も)

 

ハードディスクの処分には細心の注意を払う

ハードディスクに入ったデータは、復元する方法は様々です

自身でドリルなどで穴をあけて読み込めなくしたり

トンカチなどで割ってしまったり、

必ず読み取りができないようにすることが大切です

友人・知人、よくわからない業者に処分をお願いしない

知識があったり、業者にお願いする場合、自身の目の前で

 

処分できるようにお願いしましょう

 

特に、知識がある人なら、データの抜き取りは安易にできます

 

パソコンが動かなくなった場合、自身の手で、

ハードディスクのデータを復元できない状態まで

持っていき、処分するのが理想的です

 

いかがでしたか?

 

ハードディスクの管理は、特に注意して、パソコンの処理を行いましょう。

 

一番のオススメは、大手の電気屋さんに持っていくと、

有料ですが、ハードディスクを読み取りができないように

処理することができる専門の機会があるので、こちらを

利用すれば、確実にデータを抜き取られる心配はなくなります。

 

 

最後に…

今の時代は、ちょっとの知識があれば、

ハードディスクのデータを抜き取ることは

安易にできます。

自宅に届いた書類の処理に関しても、

シュレッダー処理しているご家庭がほとんどでは

ないでしょうか?

こうしたひと工夫を行うことで、個人情報の漏洩を

防ぐことができますので、パソコンを処分する際も

細心の注意を払うことが大切です。

 

 

ツールバーへスキップ