現在Archieveで使っているWordPressテーマ(※追記)

WordPressはWebデザインの知識があれば自分でサイトの外見を自由に作れますが、そうでない人はWordpressの「テーマ(見た目のテンプレート)」をインストールする必要があります。

私はWebデザイン系の知識も多少ありますが、美的センスがない、作るのがダルイ、何より自分で作るよりずっとクオリティが高い等の理由で私もオリジナルは作らず既存のテーマに頼っています。

テーマには無料のものと有料のものがあり、このサイトはOPENCAGE(オープンケージ)さんのWordPressテーマ「ハミングバード」という有料のWordpressのテーマを使っています。

私は今まで有料/無料の様々なテーマを使ってきましたが結局「ハミングバード」が一番使いやすいと判断し現在愛用しています。超便利です。

無料のテーマでも有料に負けないくらい良いテーマはありますので今度詳しく紹介したいと思います。

取り急ぎ報告でした。

【追記(2017/05/09)】

OPENCAGE(オープンケージ)さんのWordPressテーマ「ストーク」というテーマに変更しました。

理由としては、調べたところハミングバードの上位互換のような感じだったのと、ストークのとある機能が気になったので購入しました。

詳細は例によって今度紹介します。取り急ぎ報告でした。

Martin Dwyer
Application Developer
Rachel Wright
Art Director & Photographer
Andrew Butler
Photographer & Illustrator
Arrow
Arrow
Slider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です