未分類

ISDN回線終了 2024年1月にディジタル通信終了へ

ISDN回線終了 2024年1月にディジタル通信終了へ

ISDNとは

ISDNは一つの電話番号で2回線まで持ってます。

(1つの電話番号で2台の電話機を使い同時に通話が可能)

インターネットに接続の際ISDNはダイアルアップでインターネットに

接続する為
アクセスポイントに電話(接続)して、そこからインターネットにつなげるといったシステムになっています。

その為、基本使用料とは別に電話代がかかってしまうのが欠点

インターネットに接続しすぎると、高額な請求をされてしまった

ユーザーも

通信速度に関してですが

1回線64Kbpsのスピードとなっており

2回線をまとめて使用すれば128Kbpsになりますが、

現在主流となっている光ファイバーと比べると

1/10000ほどのスピードとなっており、

高速通信が主流になっている現在では、インターネットに

接続するには、不向きな回線となってしまいました。

 

そんなISDN回線が終了

そんなISDN回線ですが、2023年1月終了が発表されたADSLの

1年後の2024年に終了が決定。

理由として、NTT側でISDNやADSLに関わる保守の部品が

製造終了し、現在NTT側でストックしている残りの部品が完全になくなると

見込まれている2025年を前にサービスの終了が決定しました。

 

なぜ、ISDNの後続回線であるADSLより、サービス終了が遅いのか?

ISDNの後続回線にあたる、ブロードバンドインターネットサービス

ADSLの終了より、1年遅い理由について調べてみました。

後続回線であるADSLより後にISDN回線終了が遅い理由は

ADSL使用者が75万世帯

ISDN使用者が350万世帯

とADSLに比べて、利用者が多いことが要因かと思われます。

 

元々NTTはISDN回線の終了予定日を

2020年にする予定でしたが、光ファイバーが主流になった現在でも

根強く残っているISDN回線の現状から

2020年にサービス終了することは

難しいと判断し、2024年に後ろ倒ししたようです。

 

2024年1月にISDNサービスの一部が終了

ISDN回線は2024年に全てのサービスが終わるわけではありません。

2024年に終了するサービスは以下の通り。

 

「ビル電話」

「着信用電話」

「支店代行電話」

「有線放送電話接続電話」

「短縮ダイヤル」

「キャッチホン・ディスプレイ」
「ナンバー・アナウンス」

「でんわばん」

「トーキー案内」

「発着信専用」

「ノーリンギング通信」

「二重番号」

「トリオホン」

「なりわけ」

 

この中で特に企業側で対策が必要なものとしては

POSやCATなどで使用される”ディジタル通信モード”

現在NTTの方でも、ディジタル通信モードを使用している企業さんが

多い為、後続回線である光回線への切り替えにかかわる、初期工事費を

無料にするなど、ISDN回線から光回線への移行を推奨しつつ

万が一ディジタル通信モードを使用している企業さんが

2024年を迎えてしまったとしても、NTT側の方で対策をとっている為

2024年を迎えても”一応”使えるように設備を整えているそうです。

しかし、遅かれ早かれ、ISDN回線から光回線への以降は必要でしょう。

この記事を読んだ企業さんは”まだ2024年まで時間あるし、しばらくはそのままにしとこう”

と回線状態を放置せずに、早め早めに対策をしておいた方がいいかと思います。

ちなみに電話するだけ、FAXを使用するだけの為に

ISDN回線を利用してる方は、回線を変更しなくても問題ないとされていますが

ISDNにかかわる部品が製造終了している為、万が一電話が使えなくなっては

大変なので、やはり保守の部品や保守体制が整っている光回線への移行を

推奨いたします。

ツールバーへスキップ