Monetize

ゲームサイトの運営のポイントとマネタイズ

自分はゲームが大好きだ!ゲームサイトで収益を上げたい!と思っている人は多いかと思います。

しかしゲームサイトでマネタイズするのは普通に普通にやったら修羅の道です。

ゲームサイトでマネタイズするヒントを書いていこうと思います。

ゲーム系サイトはPVが命

ゲームサイトは他のメディアと比べ、PV数が超重要です。

何故か?

それは「サイト訪問者はゲーム攻略情報を明確に調べてきているので、他の商品購買意欲がほぼゼロ」&「ゲーム関連の広告は単価が高いアフィリエイトが少ない」からです。

特化アフィリエイトサイトは購買意欲の高い人を狙ってマーケティングする&単価が高い(1万円~5万円)のでPVが低くても高い収益を生み出すことも不可能ではありませんが、ゲームサイトは購買意欲の低い人がターゲット&単価が低い(数百円~数千円)なので数で勝負するしかありません。

しかし、最近は攻略本文化が廃れ、ゲーム攻略で詰まったらググるというのが主流になってきているので、ゲームサイトは他のジャンルのサイトと比べるとめちゃくちゃPVを上げやすいです。

どのくらい上げやすいかというと、体感ざっくり10倍くらいは上げやすい。この点が他のジャンルにはないゲームサイトの強みです。

その典型例がGamewithです。

広告単価の安さをGamewithはひたすらPVを増やすことによりカバーしています。

そのPV数はなんと月間9億。

計算したところ、どんなに低く見積もっても月間9000万円は収益を出しています。

Gamewithだけでなく大手のゲームメディアは大体PV数命でいかにデータを見やすく整理するか、回遊率(サイト訪問者が次のページへ行く率)を上げるかを重視して常にPDCAを回しまくっています。

ゲームサイトの運営をするなら最初はマネタイズはそこまで考えず、いかにPV数を稼ぐかを考えましょう。

ゲームサイトでPVを稼ぐコツ

ゲームサイトはPVを伸ばしやすく、私も3か月くらいで月間PV30万くらいにまで伸ばしたことがあります。(但しチームで1日3~6記事)

ゲームのアップデート情報をなるべく早く記事化

ゲームのアップデート情報は皆一斉に検索するので、サイトが検索上位に来るようになればアップデート情報を公開するだけでPVがある程度約束されます。

単純なデータだけでは大手のサイト(Gamewith等)にマジで勝てないので、そのアップデート情報を活かした立ち回りや戦術、考察なんかの付加価値を付けて記事化するのが理想

記事公開スピードの重要性は他のメディアも分かっているので皆とにかく早いです。

というかファミ通はアップデート前にその情報貰っててアプデ前に記事の下書き準備万端だったりするんで最速はあきらめましょう。

アップデート後すぐに公開したサイトより質の高い記事を3時間以内に公開する」を目標に運営できればわりと早い段階で結果はでできます。

回遊率を徹底的に意識する

回遊率とは訪問したユーザーが次のページへ行く率の事です。訪問したユーザーが次のページへ行かなかった場合の率は直帰率と表します。

直帰率はGoogleアナリティクスでは赤線部分で確認する事ができます。

直帰率をいかに下げるかを意識してサイト&記事を構成する必要があります。

直帰率を下げるサイト作りのヒントは「カテゴリ化」と「リンク貼り」、これにつきます。

大手ゲームサイトを例に出して言うと「最強キャラランク」「最強武器ランク」「○○まとめ」などなど。

これらまとめへのリンクをおススメ記事として記事の下部に表示させたり、単発記事で少しでも関連性がある記事があったらそちらのリンクを貼ったりととにかくリンクを貼ります。

ゲームサイトの関連記事の見せ方は他の業界のサイトと比べてもかなり上手いので、他サイトをよく観察し、真似できる部分があれば徹底的に真似しましょう。

上級者向け&マニアックな記事は信用を得る為の記事

上級者向けの記事は基本的に一般人には理解ができない事が多いですが、だからといって蔑ろにしていいわけではありません。

上級者向けの記事は「この運営はエアプではない」と信用され、ファンとなってサイト訪問の常連になる場合が多いです。

上級者記事を書く際に注意したい点として、専門用語をなるべく使わず、初心者が見てもなるべく混乱しないように意識して書くのがポイントです。

ゲームサイトと相性の良い広告とASP

ゲームサイト運営と相性の良い広告&ASPは下記の通りです。

Googleアドセンス

https://www.google.co.jp/adsense/start/

Googleが運営している広告です。

この広告は

  • 「クリックされるだけで報酬が入る」
  • 「ユーザー1人1人の好みにあった広告を出すためユーザーの関心を引きやすい」

という特徴があります。特にユーザー1人1人の好みにあった広告を出すためユーザーの関心を引きやすいのは商品を売る系の記事を書きにくいゲームサイトとかなり相性が良いです。

収益単価は1クリック数円~数十円が基本。不動産などの広告の場合は1クリック数百円とかになる場合も稀にあります。

まぁアドセンスがないと始まらないのでアドセンスはしっかり申請してアカウント作っておきましょう。

アクセストレード

https://www.accesstrade.ne.jp/

オンラインゲームの広告を多く取り扱っている老舗です。

ゲームサイトやるならアカウントはぜひ作っておきましょう。

昔使ってたアカウントがBANされてたので詳細は書きません。

 

GAME FEAT

https://www.gamefeat.net/

スマホゲー中心の広告を取り扱っているASPです。

ユーザーが広告の品のスマホゲームアプリをインストール、初回起動した段階で報酬が発生します

普通のアフィリエイトは何かをリンク先で買わせたら報酬が発生する場合が多いですが、アプリゲームはユーザーに金銭面でデメリットがなく、報酬発生までのハードルが非常に低いのが特徴です。

それにも関わらず報酬は300円~1000円と割と結構高いのも特徴。

ゲームサイトでファンを作る→レビュー記事かいて無料ダウンロードへユーザーを上手く誘導できると勝ちゲーです。

さっき私が見せたアナリティクスのデータがのユーザー数が月間10800人だったので、そのうちの1%が上記アプリをインストールすれば93,312円、2%で186,624円、3%で279,936円なので案外馬鹿にできない数字になります。

ゲーミングPC系

http://www.dospara.co.jp/5info/cts_affiliate_info

ゲーミングPCも探したらありました。報酬率は数パーセントですが、商品自体が高いので売れれば3000円~くらいになるのでまずまずといったところ。

こういうのも積極的にレビューして売っていきましょう。

探せば多分まだまだあるので自分のお気に入りの商品とかあったらアフィリエイトされてないか探してみてください。

アカウント申請するには

これらASPや広告はサイトの審査があります。この審査をパスして広告を掲載する事が出来て初めてスタートラインです。

審査と言っても、質の良い記事を20記事くらい書いていて、かつ反社会的な記事じゃなければ大体通ります。

なのでまずは1にも2にも記事です。

まずは20記事を目標に自分のサイトを運営しましょう。

終わりに

メディア運営はとにかく記事書くのが大事です。結局ここに行きつきます。

がんばるのじゃ。

ツールバーへスキップ