【初心者向け】Googleアナリティクスの導入方法と使い方

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)をご存知ですか?

GoogleアナリティクスはGoogleが無料で提供している自分のサイトのアクセス解析ができるツールです。

私はこのGoogleアナリティクスの存在を知ってから人生が変わりました。

Googleアナリティクスを使わないと自分のサイトがどのように人々に見られているのか把握できないので、Webサイトで集客していると言っているのに導入していない、基本的な見方が分かっていないと笑われてしまいますのでちょっと難しいですがしっかり理解しておきましょう。

Googleアナリティクスの申し込み方法

まずはGoogleアカウントにログインしてください。

Googleアカウントをまだ取得していない、取得方法が分からない方は下記の記事に沿ってアカウントを取得してください。

【初心者向け】Googleアカウントの取得方法

 

Googleアカウントにログインしている状態でGoogleアナリティクスのトップページへ行きましょう。

すると下記の画像の場面が出てきますので「お申込み」をクリックしましょう。

必要事項の入力

アカウント名

どのサイトかわかりやすい名前をつけましょう。(後から変更可能です)

ウェブサイト名

サイト名を入力します。(後から変更可能です)

ウェブサイトのURL

サイトのURLを入力します。

業種

サイトに関連する業種を選択します。

レポートのタイムゾーン

住んでいる国を選択しましょう。

データ共有設定

下記のデータ共有設定は各説明をお読みいただきチェックを入れてください。

基本的にすべてチェックして問題ありません。

必要事項の入力とデータ共有設定が終わりましたら「トラッキングIDの取得」をクリックしましょう。

問題なければGoogleアナリティクスの利用規約に同意しましょう。

ここまでくればGoogleアナリティクスの申し込みは完了です。

GoogleアナリティクスをWebサイトに導入する方法

申し込みが完了すると、「トラッキングID」と「トラッキングコード」が付与されます。

これをwebサイトに張り付けると張り付けたサイトのアクセス解析が可能になります。

テーマによっては「トラッキングID」を入力する項目があり、その場合は「トラッキングID」のみを入力すれば問題ありません。

もし「トラッキングID」を入力する項目が無い場合、「All in one SEO Pack」を使うと簡単にトラッキングIDを入力できます。

その場合は下記の赤枠に「トラッキングID」を入力し保存をするだけでOKです。

 

正常に自分のサイトにAnalyticsを導入できたかどうかは、アナリティクスの「リアルタイム」> 「概要」をクリックしてみましょう。

この画面ではその名の通りリアルタイムのアクセス状況を確認できるので、正常に設定が完了していれば、自分のサイトを表示すると現在のアクティブユーザー数1人以上、アクティブなページが現在開いているページのURLになっていれば設定が正常に完了していると言えるでしょう。

Googleアナリティクスの基本的な見方

Googleアナリティクスは慣れていないと使うのが難しく感じるかもしれませんが、少なくともここだけはしっかり覚えておきましょう。

ユーザーサマリー

※具体的な解析結果の数字を見せると規約違反らしいので数字は黒く塗りつぶしました。ご了承ください。

このページでは指定した期間(緑色の枠線)にサイトが訪問客に対してどのような反響だったかを調べる事ができます。

初心者の方には各専門用語の意味が分からないと思うので、まずはここを解説します。

セッション

ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの一連の行動のことをセッションと言います。

ちょっと難しいですが、分かりやすく言うとあなたのサイトに何回の訪問があったかという事が分かります。

アクセス解析ツールによっては「アクセス数」「訪問数」「Visit数」等と呼ばれてるケースも多く注意が必要です。

離脱と見なされるタイミング(セッションが切れるタイミング)は、下記の3つの場合です。

  1. サイト内での行動が30分以上何もない時(変更可能)
  2. 日付けが変わった時
  3. 参照元が変わった時

1番目で気を付けたい事は違うサイトを見に行ってもセッション継続時間内(ここでは30分)にまたサイトに戻ってきた場合、セッションは継続しセッション数は1のままでセッション数が2にはなりません。

3番目の「参照元」とは、サイトを訪れるまでの経路を指しており、この経路が変わるとセッション継続時間内であってもセッションが切れたとみなされます。

例えばTwitterから流れてきたリンクからサイトに訪問した後、一旦サイトから離れ検索エンジンからサイトに流入したような場合は、例え30分以内に戻ってきていたとしてもセッション数は2でカウントされます。

ユーザー

サイトに訪問したPCやスマホなどのデバイスの数です。

分かりにくかったらサイトに訪れた人の数と考えて良いです。

ただし同じ人でもPCとスマホ両方から見たらユーザー数は2としてカウントされます。

1ユーザーがサイト内で何ページ見ようが何回訪問しようがユーザー数は1としてカウントされます。

ページビュー数

サイト内で見られたページの数です。よくPVと記載されます。

どのくらいサイト内のページが読まれたかという指標になり、広告が出てくるタイミングになるケースが多いので広告主と交渉する際はPV数がかなり大きなウェイトを占めます。

最近は広告主も成約率重視に変わってきていますが、それでもまだまだ重要な指標です。

ページ/セッション

ページ/セッションとは、1セッションあたりのページビュー数のことです。

基本的には1セッションに対してページビュー数が多いと色んなページを見られていることになり、基本的にはそれだけ人気が高い価値のあるサイトとという事になります。

回遊率とも呼ばれており、なるべくこの数字は大きく伸ばしたいところです。

平均セッション時間

平均セッション時間とは、1回のセッションにつき何分滞在しているか?というのが分かる指標になります。

勿論これも基本的には長い方が望ましいです。

直帰率

サイトに訪問した最初のページ(ランディングページ)から他のページへ移動せずそのまま帰った割合です。

これは低ければ低ければ良いです。

ページ/セッションもそうですが、サイト運営は関連記事を目立たせたりして他の記事へ誘導するような施策が重要になります。

新規セッション率

新規セッション率とは、初めてサイトを訪問した新規ユーザーによるセッションの割合です。

新しく訪問してくれたユーザーの割合と考えて良いです。

比較的新しいサイトであるにもかかわらずリピーターが多いサイトは、新規客を呼び込めておらず成長スピードが落ちていると判断して良いかもしれません。

ただリピーターと新規セッション率の理想のバランスは一概にこうであればいいとは言えず、サイトやサービスによって新規セッション率の価値は変わってきます。

行動

 

※具体的な解析結果の数字を見せると規約違反らしいので数字は黒く塗りつぶしました。ご了承ください。

行動ページでは、サイト訪問者がサイト内でどのような行動をしたかが分かります。

人気記事も「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」から解析する事ができ、人気記事に多くの関連記事を載せるなど回遊率を高める施策を行うときの参考になります。

 

まずはこの「ユーザーサマリー」と「行動」の2つだけはしっかり覚えておきましょう。

Googleアナリティクスの導入方法と基本的な使い方まとめ

Googleアナリティクスは難しい用語も多く、見慣れていない人には難しく感じるかもしれませんがネットで活動するなら必須ツール&スキルなのでしっかり理解しておきましょう。

導入は「Googleアカウント取得」→「アナリティクスに申し込み」→「発行されたIDもしくはコードをサイト内に貼り付け」で設定できます。

使い方はとりあえず「ユーザーサマリー」と「行動」>「ページ」の見方を覚えておきましょう。

Martin Dwyer
Application Developer
Rachel Wright
Art Director & Photographer
Andrew Butler
Photographer & Illustrator
Arrow
Arrow
Slider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です