未分類

学生におすすめ!インターネット契約(固定回線編)

学生になって、新しい生活をスタートするにあたり、家具の購入や、電気ガス水道などの契約の他に、重要になってくるのが私たちの生活になくてはならないインターネットの契約。

しかし、インターネットの契約をしたいと思っても、様々なインターネットの会社があるため、どこの会社にしたらいいかわからない

そんな学生さんの方に目的別に合わせておススメのインターネット会社についてご紹介したいと思います。

利用目的から考えてみる

意外とみんな意識していないことが多いですが、インターネットの契約をする上で重要になるのは利用目的です。

  • 自宅にいることが少ない。
  • インターネット(WiFi)をあまり利用しないけど、念のため契約しておきたい。
  • ネットの通信速度はさほど気にしてない

上記3点のどれかしらに当たる方は外出先にも持ち運べるモバイルWi-Fiがおススメです。

逆に

  • 自宅で使うことが多い
  • 高速通信を楽しみたい
  • オンラインゲームをしたい
  • とにかく動画をたくさん見たい。
  • 安定した通信状況を求めている。
  • 速度制限を気にせずに使い放題がいい

方は固定回線の方がオススメです。

今回のこちらの記事では固定回線について掘り下げていきたいと思います。

(モバイルWi-Fiについてはこちらの記事でお伝えしています。)

固定回線の種類

固定回線は主に3種類存在します。

1)NTTの光ファイバーを使ったインターネットサービス

フレッツ光や光コラボと言われる、ソフトバンク光、ドコモ光、その他プロバイダーの提供するインターネットがこちらに該当します。

2)KDDIの光ファイバーを使ったインターネットサービス

auひかり

3)ケーブルテレビの同軸ケーブルを使ったインターネットサービス

JCOMなど

この3種類となります。

料金差

1)NTTの光ファイバーを使ったインターネットサービスは・・・

光コラボと呼ばれる、ソフトバンク光やドコモ光など、携帯会社に合わせて

固定回線も、携帯会社の提供するインターネットサービスにすると

スマートフォンの割引がありますのでこれは最大のメリットと言えるでしょう

ソフトバンクユーザーなら

ソフトバンクユーザーの方は自宅でソフトバンク光を利用するとスマートフォンが1台あたり1000円引きとなります。

その為、例えば、4人家族で全員ソフトバンクのスマホなら1000円×4で4000円引きで使用することができます。

ソフトバンク光の基本料金は

マンションタイプ→3800円

戸建てタイプ→5200円

となります。

上記の例でいくと、4人家族でマンションタイプなら実質無料で固定回線を使える印象です。

DoCoMoなら

ドコモユーザーはドコモ光がおすすめ!

ドコモ光は、タイプAとタイプBの中から好きなプロバイダーを選ぶことができる上、割引も変わってきます。

タイプAのプロバイダ
ドコモnet ぷらら ソネット GMOとくとくBB andline  excite

Tigers-net.com U-Pa! ビッグローブ
DTI エディオンネット シナプス TIKITIKI 楽天 ネスク 01光コアラ

IC-net hi-ho

タイプBのプロバイダ
TCOM OCN nifty TNC AsahiNet WAKWAK

上記のタイプAかタイプBかによって利用料金が変わります。

●戸建て
タイプA⇒5,200円
タイプB⇒5,400円

●マンション
タイプA⇒4,000円
タイプB⇒4,200円

上記の固定回線を選んだら、DoCoMoスマホのデータ基本料金のプランに応じて割引額が違う!

データ基本料金 ドコモ光セット割
ウルトラシェアパック100GB 25,000円 -3,500円
ウルトラシェアパック50GB 16,000円 -2,900円
ウルトラシェアパック30GB 13,500円 -2,500円
ベーシックシェアパック30GB 15,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック15GB 12,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック10GB 9,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック5GB 6,500円 -800円
ウルトラデータLL30GB 8,000円 -1,600円
ウルトラデータL20GB 6,000円 -1,400円
ベーシックパック20GB 7,000円 -800円
ベーシックパック5GB 5,000円 -800円
ベーシックパック3GB 4,000円 -200円
ベーシックパック1GB 2,900円 -100円

さらにドコモ携帯の利用年数によって、さらに割引がかかります。

4年以上

利用

8年以上

利用

10年以上

利用

15年以上

利用

ウルトラシェアパック100GB -1000円 -1200円 -1800円 -2500円
ウルトラシェアパック50GB -800円 -1000円 -1200円 -1800円
ウルトラシェアパック30GB -600円 -800円 -1000円 -1200円
ベーシックシェアパック30GB -600円 -800円 -1000円 -1200円
ベーシックシェアパック15GB -600円 -800円 -1000円 -1200円
ベーシックシェアパック10GB -400円 ‐600円 -800円 -1000円
ベーシックシェアパック5GB -100円 -200円 -600円 -900円
ウルトラデータLL30GB -200円 -400円 ‐600円 -800円
ウルトラデータL20GB -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック20GB -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック5GB -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック3GB -600円
ベーシックパック1GB -200円

データ基本料金と利用年数でぐっと割引がかかるためドコモユーザーの方は長く使っているほどお得。

上手にプラン選びすれば、固定回線の利用料を実質0円以上にすることもできます。

auユーザーなら

auユーザーの方はKDDIの光ファイバーサービスauひかりがおすすめです。

auひかりの基本料金は・・・

●戸建て
5,100円

●マンション
3,800円

となっております。

この料金からさらにauひかりを利用するとauのスマートフォンとセットで割引されるauスマートバリューを受けることができ、スマートフォン1台につき毎月最大2,000円引きされます。

割引額はスマホで契約しているデータ容量に応じて異なります。

スマートバリュー毎月の割引
データプラン 2年以内 3年目以降
30GBプラン 2,000円 934円
5/8/20GBプラン 1,410円 934円
2/3GBプラン 934円 934円

こちらはスマホの台数とデータ料金に応じて割引額が変わり割引対象のスマホは10台まで。

10人家族まで対応できるようです。

ただし、auひかりは提供エリアがNTTの提供する光ファイバーより、狭いのが欠点な上、

工事費が高く、うまく利用しないといけない点も…

ケーブルテレビのインターネットは・・・

ケーブルテレビのインターネットサービスはKDDIの光ファイバーやNTTの光ファイバーと比べ高速通信不要な方におすすめ。

ケーブルテレビのインターネットサービスは利用用途に応じて、通信速度を選ぶことができるので、あまり使わない方はケーブルテレビのインターネットサービスを利用することで、月々の費用を落とし込むことが出来る上、一部ケーブルテレビのインターネットサービスはauスマホを使っていると、auひかり同様にauスマートバリューを使用することができます。

契約期間

ソフトバンク光

ファミリタイプ、マンションタイプ共に2年契約となります。

ドコモ光

ファミリタイプ、マンションタイプ共に2年契約となります。

auひかりは

契約期間は工事費の分割料金を含めると戸建てタイプは5年契約マンションタイプは2年契約となります。

ケーブルテレビは・・・

ケーブルテレビの会社によりますが戸建てタイプは2年契約マンションタイプは1年契約が多いです。

まとめ

現在使用中の携帯電話に合わせて、固定回線を選ぶのが一番おすすめです。

学生さんはauかソフトバンクを使用している方が多いかと思いますので

auユーザーはauひかりを使用するか、KDDIの運用するケーブルテレビ会社

にするのがおススメ

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンク光がいいでしょう

ぜひ、参考にしてみてください

ツールバーへスキップ