未分類

フレッツ光が遅い・・・・その原因とは?

フレッツ光が遅い・・・・その原因とは?

ネットで光回線なのに速度がが遅い・・・・

と言うのを耳にしまして、調べてみると、

原因がわかってきました。

 

 

今回は、光回線でも速度が遅い原因について

記載していきたいと思います

 

 

最近、自宅に光ケーブルを引いているのに

”夜になると”極端に遅い

こんな話がネット上でつぶやかれています。

 

なぜ、速度が遅いのか?

通信が遅くなっている原因としては

利用者の家庭から、インターネットに

橋渡しをするPPPoEという認証方法。

プロバイダーが利用者の増加に合わせて

許容量の増強作業を行っていますが

この増強が追い付かなくなると”速度が遅い”

と言う事態になるんだとか

この原因をさらに追及すると、

IPv4の利用者が多いことに原因が。

 

IPv4とは・・・・?

インターネットで広く利用されるプロトコルのひとつ。インターネットに接続されたコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを、32ビットの値を4つに分けた10進数で表す。そのため識別可能な理論的な最大数は2の32乗(約43億)となり、インターネットの爆発的な普及に伴い、IPアドレスが枯渇してしまうということが懸念されている。

 

わかりやすく言うと

IPv4ではIPアドレスが足らなくなってきているようです。

その為、回線が混雑し、インターネットにつながりにくい

 

この現状に対応するため、

インターネットは今後、IPv6に移行しつつありますが、

IPv6はまだまだ浸透しておらず、

このままではほとんどのサーバーに

接続することが出来なくなってしまう・・・

 

”IPv4ではなく、IPv6につなぐ”ことが出来れば

 

大混雑している部分を飛ばし、高速通信を楽しむことが出来ます

IPv6にできれば、なぜ、速度の改善が見込めるのか?

インターネットのプロトコルのひとつ。インターネットに接続されたコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを128ビットの値で表す。そのため識別可能な理論的な最大数は2の128乗(340の1兆倍の1兆倍の1兆倍)となり、事実上無限ともいえるアドレスが使用可能となる。

IPv6はIPアドレスの使用数が膨大というわけです。

 

ちなみに

現状NTTとプロバイダーでPPPoE方式に関する

 

増強工事は

現在)NTTの認可が必要→増強工事

 

今後)NTTの認可が不要→増強工事

 

となっていくそうです

 

しかし、仮に認可が不要になったとしても

結局は

この増強に関する工事は、NTTが行うため

 

工事費用の折り合いがプロバイダー側と

着かない場合、速度が改善されるのは

もっと先になってしまう・・・・・

コレをきっかけに、NTT以外の他社への切り替え

(auひかりや、ケーブルテレビ、モバイルWi-Fi)

してしまう人も現れるのではないかと思います。

 

ちなみに光コラボ

俗に言うソフトバンク光やドコモ光などは

NTTの回線を使うため、これらの卸業者に

した場合は、速度の回線は見込めないので

注意が必要です。

ツールバーへスキップ